織田信秀が愛した刀とは

織田信秀は織田信長の父であり、「尾張の虎」の異名をもっている戦国武将です。織田信秀は室町時代末期、尾張国の下級武士だったにもかかわらず、着々と領土を拡大し、織田信長が天下を取る基盤を築いていきました。武力はもちろん、知略にも富んでいた武将といわれています。

そんな織田信秀の愛刀は、「無銘景光」(むめいかげみつ)です。こちらは、鎌倉時代中期頃に備前国の刀工である長船派3代目当主、景光が作ったものです。こちらは大磨上げで「織田弾正忠信摺上之」と切符銘があるのが特徴で、大磨上げにより無銘となっていますが、景光の特長が随所に見られる名刀となっています。この刀は信秀が亡くなったあと、信長に引き継がれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。