日本刀の作り方

日本の伝統的な日本刀と呼ばれるかたなは、その作り方が非常に難しい、ということでも話題になることが多く、製鉄方法は数日にも渡るということが知られているわけですが、微妙な火加減はもちろんのこと、どのタイミングで叩いたり、どの […]

日本刀とは

日本刀というのは武器であると同時に美術工芸品としても優れていると思います。もちろん武器の中でも最上位にくるものだと思います。日本固有の玉鋼を使い伝統的な鍛冶・鍛錬法によって作られているそうです。ゲームなどの影響で日本刀に […]

兜割りについて

兜割りというのは、兜を日本刀で斬ることですが、日本刀の強靭さを示すものとして語り継がれることが多いようです。 榊原鍵吉が明治天皇の天覧兜割りで南蛮鉄桃形兜を三寸五分に切り込んだときに用いた「同田貫」という刀は、九州・肥後 […]

日本刀に纏わる事件

 日本刀を介した悲惨な事件は、平成24年にも起こってしまいました。しかも犯人は元警察官という、衝撃的な事件でした。彼が警察官として働き始めたのは昭和23年のことだったのですが、それから真面目に働き通し、1985年には警視 […]

日本刀の特徴

現代では、日本刀や、模造刀を処理すること自体にも、非常に厳しい制限が課されており、それを売却したり、販売するようなところにとっても、様々に、厳しい基準が課せられているということは、あまり、知られていないのではないでしょう […]

伊賀守二代金道

伊賀守二代金道(いがのかみにだいきんみち)は1600年代に伊賀守を受領した刀工です。 三品派といわれる流派で、金道家二代目は「日本鍛冶宗匠」という称号が与えられています。この権限は朝廷より授けられたものであり、特別です。 […]

雑兵に貸す日本刀

戦国時代に、金で雇った傭兵を「雑兵」と呼びます。 武士というのは殿様と主従関係を結んだ人たちのことで、殿のために戦うひとたちです。 けれど合戦となると家臣だけでは数が足りません。なので浪人や農民などに力を借ります。 そん […]

財源としての日本刀

室町時代、実は日本は世界でも引けを取らないほどの武器輸出国であったというのはご存知でしょうか。その取引の中心にあった武器というのが、紛れもなく「日本刀」であると言われており、当時、中国の明王朝に対して、数えきれないほど相 […]

脇差しとは

一尺以上で二尺以下の長さの刀で予備として使う刀を脇差・小太刀と呼びます。 ・骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう) 粟田口吉光による脇差です。 こちらも薙刀を磨上げて脇差になおしたものです。 呼び名については諸説あるが、切る真 […]