日本刀の歴史 近代

戦乱が打ち続いた戦国の世も終わり、天下泰平の江戸時代になると日本刀を抜く機会が激減した。日本刀は武器としての価値ではなく、武士階級のステイタスであり、贈答進物品として政略的な使われ方をした。 また、剣術の鍛錬に使いやすい […]

日本刀の歴史 性能の向上

次の南北朝時代から室町時代は、南朝と北朝、室町幕府と鎌倉公方、三管領四職等、中央も地方も対立軸が多数あり、戦乱が頻発する時代であった。ゆえに日本刀も大太刀や野太刀といった大振りで長刀、殺傷能力の高い剛刀が広く普及し。 上 […]

大原真守

大原真守は、平安中期、伯耆国の刀工である。天下五剣の一振り「童子切安綱」の作者である伯耆安綱(本名・大原安綱)の子。 作風は、板目に杢目交じり、地沸の地景が入る地鉄。小湾の直刃と互の目に小乱れが交った刃文が多い。砂流しや […]

孫六兼元について

「孫六兼元」の「孫六」は屋号であり、「兼元」は室町から現代まで代々受け継がれた刀銘である。「二代孫六兼元」は、室町後期、美濃国武儀郡関郷で活躍した刀匠で、正宗、村正等と並び称される日本屈指の名工といわれている。 戦国期、 […]

日本刀と職人と歴史

現在、日本刀は美術品などとして特別な許可のもとに作られておりますが、実際に日本刀を作り上げるには、それぞれの工程における専門家たちが携わっているようです。 日本刀作りに欠かすことのできない「玉鋼(たまはがね)」を作る職人 […]

「鎌倉流」と「備前刀」

鎌倉時代、主に刀剣が作られていたのは京都と鎌倉であったなどとも言われております。当時、朝廷と鎌倉幕府に所属していた武士たちがそれぞれに、優れた日本刀を手にしていたのではないかなどと考えられているようです。 日本の長い歴史 […]

素延べ~火造り

・素延べ 造込みの後、刀の原型を形作って行きます。 造り込みの終わった長方形の塊を、火炉で熱して槌で叩いて、平たい棒状に打ち延ばします。 この延ばしにより、刀の反り以外の大きさと形が決まります。 (大きさは、次の工程で少 […]