刀身と鞘の関係性と対人関係のあり方

皆さんは「そりが合わない」というような言葉をどんな時に使われますか?「そりが合わない」とはその多くに人間関係を表す場面での使用がみられると思われますが、この言葉の語源として、日本刀が関係しているようです。刀身を収める刀身と鞘が合致しない時などに、この言葉が使用されていることから、人間関係における相性や、その関係性においてもお互いが合致しない時に使用されていることが多いのではないでしょうか。専門家などのお話を聞いてみると、見るからに合わない対人関係性をそのような言い回しで述べるのではなく、うまくいってそうな対人関係の中で、微妙な違いからお互いに相性が合わないといったようなケースにおいて使われることが多いようです、日本刀の微妙な反り具合によって、刀身と鞘との相性は生まれてくるようです。微妙な反り具合の違いによって生まれる相性の良し悪しを、人間関係に例えた言い回しであるようです。改めてこのような形で語源を知る事は、とても言葉では言い表せないような微妙なニュアンスの対人関係をうまく表しているのではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です