江戸時代の名刀に見られる刃文の種類と意味

日本刀は今では、武器ではなく美術品という位置づけで手に入れられる方が増加しました。国宝に指定をされているものから、重要文化財になる名刀もあるので博物館でも多く目にすることが可能です。じっくりと観察をすると、刀身の片隅に文字が刻まれているのを目にできるでしょう。それは刃文と呼ばれるもので、約100種類以上の数が確認をされています。江戸時代に制作された刀だと約20種類となりますが、刃文の意味は名匠がどのような想いで刀を生み出したのかを表現しているといえます。例えば名刀である村正であれば、直立不動という四文字を刻まれており、まっすぐな美しい刀身と長さ10尺の大きさを意味していることがわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。