日本刀の製法を紹介します

日本刀は鋼から作られます。強固な鋼を割り、鋼を溶かして塊になるまで叩いていきます。不純物を含んでいる部分をたたき出すことにより、一層純度の高い日本刀を作ることが出来ます。この作業が終わった後は鍛錬に入ります。大槌や小槌で刀身を叩いて鍛えていきます。叩いていくと徐々に長方形に薄く延びます。それを折り返して厚みを出して、再びつぶすという作業を何度も行うことで高い強度に仕上げることが出来ます。他の鋼と組み合わせて造りこみを行うこともあります。これを行うことにより、よく切れてしかも折れにくいという特徴を持たせることが可能になります。このような製法で時間をかけて造られた日本刀は、長く強く使い続けることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。