人びとに愛でられる日本刀

日本刀は製造された時代によってその姿を大きく変容させているようです。「古刀」「新刀」「新々刀」「現代刀」に分類されているようです。「古刀」が作られた時代には「備前」「山城」「相模」「大和」「美濃」において、その作品の多くがつくられていたようです。日本刀の歴史を学ぶなかで、「いつ」「どこで」「だれが」をさぐることは、日本刀の価値を紐づける重要な要素となります。名工たちが寄り集まってうまれる名刀を、だれが所有しさまざまな人びとの手に渡るなkでどのように現代にまで伝承されてきたのか、名刀と呼ばれるまでの所以を1つひとつさぐるなかで日本刀の価値たるを味わうのだそうです。長き年月に渡り人びとに愛でられる芸術品にはそれなりの意味がみつかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。