日本刀と職人と歴史

現在、日本刀は美術品などとして特別な許可のもとに作られておりますが、実際に日本刀を作り上げるには、それぞれの工程における専門家たちが携わっているようです。

日本刀作りに欠かすことのできない「玉鋼(たまはがね)」を作る職人たちを「刀工」と呼びます。「刀工」は鉄を叩いて形をつくる鍛錬(たんれん)を行い、刃に焼入れを行うまでの工程に携わります。

さらには次の工程として日本刀の表面を研ぎ、研磨する「研師」、金具や装飾などを行う「鞘師」などの専門職人たちが、それぞれの工程においてのエキスパートとして知られているようです。

現代においては日本刀の存在は、日本人の身近な道具としては捉えられておりませんが、日本の歴史のなかでの日本刀は武家社会においては、なくてはならない存在であったと考えられております。

日本刀の独特なフォルムは、時代とともに変化し、その歴史的な背景の多くを物語っているなどとも言われております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です