日本刀の美しさが伝承される中で

日本刀を作る職人さんは鍛冶以外にも、研師、鞘師、白銀師など、様々な技術を持った職人さんが関わっています。長い日本の歴史の中でも多くの職人さんや刀の作り手がおりましたが、現代において、鍛冶としての後継者となる人々は350人程度いらっしゃるそうです。実際に日本刀を武器として使用するような時代は終わりましたが、古来から刀は武器としてだけではなく、神器やお守りなどとしてその存在価値を生み出されてきたこともあり、現代においても美術品や工芸品として美しさに惹かれる人々も多くおります。現代では花嫁の婚礼の儀のグッズとしてもクローズアップされることはありますが、実際に一般的に必要とされているかと言いますと、なかなか難しい点もあります。歴史の中では祈りを込めた奉納品であったり、贈り物であったり、また家宝として伝承されてきたものなどもあるでしょう。これからの未来を繋ぐものとして日本刀の存在はどのように継承されていくのかは、私たち現代人の考えや生き方が大きく反映されていくのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です