日本刀を守る人々

日本刀の扱い方を学ぶ居合道は、 世界的にも現代の剣士たちの注目を集めているようです。門下生には必ず昨日コレクターがいたり、歴史好きの刀剣オタクがいたりもするようです。 居合道は、単なる型を学ぶのではなく、相手を倒すための身体の使い方、技の美しさを追求していくものであるようです。世界的にも人気のある居合道は、身体と精神の鍛錬とともに、日本刀の美しさなどを世界的にも広めているようです。現在では日本刀ブームなどが沸き起こり、若い世代の人々の中にも、日本刀の愛好家などが多く見られるようです。刀剣のコレクターといえば、盆栽や将棋、碁などを嗜む初老の男性などといったようなイメージがこれまでは強かったのですが、日本刀の博物館や美術館を訪れてみると、若い世代の人々が詰めかけている姿がメディアなどで報じられることも多くあります。アニメやゲームなどの影響も多くあるのだとは思われますが、実際に本物の日本刀を目にすることで新たなファン層が確立していることも確かであると思われます。本物を見る目を養うというのは何よりも、大切なことかもしれません。日本刀の素晴らしさは、美しさや 、刀づくりに携わる人々の技や技術などの伝統が思い浮かびますが、歴史を超えて語り継がれる日本刀を守り続けてきた人々の心やメッセージに心惹かれているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です