日本刀に宿るもの

日本刀を扱う上で手にする人の技術や剣術への嗜みなどが、問われてくるのではないでしょうか。実際に日本刀を日用品として使用される方は、一般的にはいらっしゃらないとは思いますが、日本刀は万能な刀であるなどと称されるほど優れた刀であるようです。実際には、この優れた刀も扱う人によって、その差異が大きく現れてくるのではないかと思われますが、手作業で手作りされる日本刀は一本たりとも同じものはないかとも言われているそうです。作り手の職人技が切れ味の違う日本刀を生み出しているのだとも言えるでしょう。また、全く同じような既製品のような形を生み出したいと考えたとしても、そこにはオリジナリティが現れることが、何よりも日本刀の魅力の一つであるのかもしれません。 現代社会における大量生産から生まれる既製品とは違う、作り手の思いや考えが伝わりやすい日本刀には、日本人の魂が込められているというのはやはり間違いではなさそうです。実際に日本刀を博物館なので前にすると、そこに何かしらの気配を感じるのは、そのような日本刀を作る工程において携わる人々の思いを読み取っているからなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です