日本刀の作り方

日本の伝統的な日本刀と呼ばれるかたなは、その作り方が非常に難しい、ということでも話題になることが多く、製鉄方法は数日にも渡るということが知られているわけですが、微妙な火加減はもちろんのこと、どのタイミングで叩いたり、どのタイミングで柔らかい玉鋼を導入したりするのかというようなポイントなどもプロフェッショナルを自称する職人が、感覚で会得しているものであるという風に言えるかもしれません。現代では、このような伝統的な作り方でそもそも穴を加工したりする人は決して多くはないことも、理由の一つにはあるわけですが、一般的な鉄鋼会社で作られるものと比べても、非常に品質が良いために、1 トン で数千万円などになるようなケースもある、という風に聞いたことがあるような気がしますし、非常に値段が高騰しているというふうに考えられるわけです。鋼は、硬さと柔らかさを用いた日本刀には最も適した素材の一つであるというふうに考えられており、きちんと手入れをしてさえいれば、長い間使うことができるという点も、多くの人を惹きつける魅力の一つであるという風に言えるかもしれません。日本刀を作る場合には、そこに含まれる炭素の量がどれくらいであるかということをきちんと計算しなければならない場合も多く、この炭素の量にばらつきがある場合には、うまく刀を完成させることはできないという風に言われているわけです。最近では、このような部分も、コンピューターで管理することができるようになってきているため、昔作られていたかたなを再現するというような動きは、これからも根強く広がっていくという風に考えていいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です