天叢雲剣と草薙剣

「十拳剣(とかのつるぎ)」とも呼ばれる「天羽々斬」は、ヤマタノオロチを斬った剣といわれていますが、実はその最中で「何か」に当たって欠けてしまいます。
その「何か」はヤマタノオロチの尾から出てきた剣で、この剣こそが三種の神器の一つ「天叢雲剣」です。
その後、スサノオからアマテラスへと献上されました。

「天叢雲剣」は天孫降臨の際に「八尺現勾玉」「八陀鋭」とともにアマテラスによりニニギに与えられ、以降宮中で祭られるが崇神天皇の時代に宮中を離れ、垂仁天皇の時代にヤマトヒメによって伊勢に祭られることとなります。
さらに景行天皇の時代に東征に向かうヤマトタケルに渡され、この時に「草薙剣」と名を変えヤマトタケルの死後、熱田神宮に祭られるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です