「童子切安網」「鬼丸囲網」「一二日月宗近」「大典太光世」「数珠丸恒次」。この五振りの日本刀を総称して、「天下五剣」と呼んでいる。室町時代に、特に優れた名刀として定められ、今も変わらぬ賞賛を受けている。平安初期から鎌倉時代に活躍した名工の入魂の作ばかりです。

童手切袋網は、天下五剣の筆頭ともいわれる名刀中の名刀。日本最古の刀匠とされる、伯者国の大原安綱の最高傑作で、平安時代に作られたとみられるが、詳細は不明。刃長二尺六寸五分の堂々たる太刀である。「童子切」という恐ろしげな異名は、丹波大江山に棲む鬼神・酒呑童子を退治したことに由来する。 平安時代中期、当代臨一の武士といわれた源頼光は、 都に出没しては美しい娘やまぶし をさらっていく酒呑童子を討伐するよう命じられた。頼光とその一行は、山伏を装い、武具を隠して、その棲家にやってきた。出家には危害を加えることのない酒呑童子は、山伏の姿をした一行を屋敷に迎え入れもてなした。頼光は、毒を仕込んだ酒を勧め、酒呑童子を酪町させることに成功。寝床に攻め 入り、太刀を振るって巨大な鬼の首を落とす。 この太刀こそが「大原安網」。のちに「童子切安網」の異名を冠せられることとな る名刀である。 現在は国宝に指定され、東京国立博物館に所蔵されている。最初の持ち主 は鎌倉幕府初代執権・北条時政であったとも、五代執権・時頼であったとも伝えら れるが、ここでは『太平記』に記されているとおり、時政と鬼丸囲網にまつわるエ ピソードは、 北条時政は、悪夢に悩まされていた。夜ごと枕元に小鬼が現れ、時政の眠りを妨げるのだという。そして、とうとう病に倒れてしまった。加持や祈鵡も効果なく、 病はどんどん悪化するばかり。 そんなある晩のこと。時政の枕元に一人の老人が現れて、こう言った。 けしんさ 「私は栗田口囲網の太刀の化身である。小鬼を退治してやりたいのだが、錆びつい きや ていて、どうにもこうにも鞘から出ることができない」と。 翌朝、さっそく国綱を手入れして、抜き身のまま寝室に立てかけておいた。その 夜のこと。突然囲網の太刀が倒れ、そばにあった火鉢の台座にかたどられた小鬼の 像の首を斬り落としたのである。 以来、小鬼は姿を見せず、時政はすっかり体調をとり戻した。この囲網の太刀は 「鬼丸」と名付けられ、邪気を被う宝刀として大切にされたそうである。現在は皇室御物として、宮内庁が所蔵している。

刃文を光にかざすと、刃縁に三日月形の模様が浮かび上がり、反りが大きく、身幅は先端に近いほど狭く、鐸に近いほど広 くなっている。天下五剣の中でも、もっとも美しい日本刀といわれている。 足利将軍家の家宝として継承されたのち、豊臣秀吉に伝わり、秀吉の正室北政所(高台院)が所蔵していた。北政所が亡くなると、その遺物として徳川秀忠に贈 られ、以来、徳川家の家宝として伝わる。太平洋戦争後に個人の手に渡ることとなるが、現在は国宝に指定され、東京国立博物館が所蔵している。

大典太光世は、平安時代の後半に活躍した筑後国(福岡県南西部)の刀匠・三池光世の作。優美なものがもてはやされた平安時代の太刀にしては、重厚でダイナミックな姿をしている。長く足利将軍家に伝わっていた大典太光世だが、一三代将軍・義輝暗殺ののち、 豊臣秀吉、そして前田利家の手に渡ったとされる。以来、前田家伝来の文化遺産を管理する公益財団法人前田育徳会によって保管されている国宝。 大典太光世が豊臣秀吉から前回利家に贈られた経緯については、不思議なエピソードが伝えられている。前田利家の四女・豪姫が、正体不明の病に侵された。利家が、秀吉から大典太光 世を借りて豪姫の枕元に置いたところ、病はたちどころに良くなった。ところが、 秀吉に太刀を返すと病が再発する。借りては返し、借りては返しを繰り返していた が、秀吉が大典太光世を前田家に贈ると、豪姫の病気も完治したという。 まあひめとしつね ほかにも、前回利家の三女・麻阿姫の病気治療に使われたとか、前田利常の長女・ つるかめあが 鶴亀の病気治療に使われたなど諸説あり、病魔をたつ太刀として、崇められていた といわれる。

数珠丸恒次は、平安時代に活躍した備中国(岡山県西部)の刀匠・青江恒次作の太刀。日蓮宗の開祖・日蓮が、信者より、護身用として寄贈された。身延山を閉山する 際、「破邪顕正の剣」として、柄に数珠を巻いたことから、「数珠丸」の名が付いた とされる。身延山久遠寺(山梨県)に保管されていたが、享保年間に行方不明となる。 数珠丸が再び世にその姿を現すのは、大正九年 (1920) のこと。兵庫県のある 刀剣鑑定家が発見し話題になった。発見した鑑定家は、数珠丸を久遠寺に返したい 意向を伝えたが、久遠寺はなぜか受け取りを拒否する。 現在は、重要文化財に指定され、兵庫県尼崎市の本興寺が所蔵している。